快適な機内での過ごし方

海外旅行の長いフライトをどう過ごせばよいか、気になる人はいませんか。長時間のフライトだと食事が2~3回に分けて出されます。航空会社によってクオリティが違うので、いろいろな会社の食事を試してみるのも良いでしょう。 機内の座席にはモニターが付いていて、各国の映画やドラマが配信されています。日本ではまだ公開されていない映画もリストに入っていることも。長いフライトでも、豊富な機内エンターテインメントがあるので飽きません。 遠い国へ出掛ける場合、フライトは14時間以上にも及ぶことがあります。ずっと座っているだけでは体が硬くなってしまいますし、最悪な場合、エコノミークラス症候群で体に不調を及ぼすこともあります。適度にストレッチをしたりトイレに行ったりして体を動かすようにしましょう。

快適に寝るためのアイテム

時差ボケの影響を少なくするために、飛行機の中ではできるだけ現地の時間に合わせて過ごし、夜の時間には眠るのが大切です。狭い機内のなかでどのようにしたら快適に過ごせるのでしょうか。 乗客の中に、ネックピローを首に巻いている人を見かけることがあります。飛行機では座った状態で眠るため、首を安定させるためにネックピローがあると便利なのです。マイクロビーズや空気で膨らませるタイプと、種類やデザインは豊富です。 飛行機で寝たいとき、周りの人がモニタで映画を楽しんでいたり読書灯を点けていたりすると眩しくて眠れない人もいるでしょう。そういう人にはアイマスクがあると周りの光に邪魔されずに眠れますよ。飛行機のエンジン音が気になるなら、耳栓もあれば万全ですね。